正しいパーティードレスの着こなしを知ろう

 

パーティードレスはTPOを考えて生地を選びます

パーティードレスはTPOを考えて生地を選びます 各種パーティーに招待された場合、どのようなパーティードレスを着ればよいのか、バッグは持ったほうが良いのかなどマナーやドレスコードが気になります。
昼の結婚式に着るパーティードレスのマナーは、花嫁より目立たない、肌を露出しすぎない、光る生地や飾りは控えるなどがマナーです。
清楚な印象で、会場が華やかになるようなドレスを選びます。
光沢感や透けた感じが少ないもので、シフォン、オーガンジー、シャンタン、レースなどの生地が望ましいです。
秋冬であればベロアも良いです。
夜の結婚式でのパーティードレスは、昼とは異なり、肌を見せて光を反射するような生地のドレスやアクセサリーで華やかに演出することがマナーです。
光沢感や透けた感じのある素材のドレスを着用します。
サテンは光沢があり、よくドレスに使用されている素材ですが、光沢感が強く昼のパーティーには不向きで、特にフォーマルな会場では着用を避けるようにします。
また、ラメやスパンコールなどは光を反射して光るため、ドレス全体にちりばめられたようなタイプは夜向きと言えます。

 

パーティードレスの色の選び方

結婚式などに招待された時などにパーティードレスを着ていくことがりますが、その際にパーティードレスの色をどうするかと迷うことがあります。
もちろん主役は新郎新婦ですから新郎新婦よりも目立つものは選べません。
また白色は新婦の衣装とかぶってしまうので選べません。
結婚式でよく見かけるパーティードレスと言うと、黒が多いです。
確かに黒はフォーマルな感じで無難ではありますが、せっかくのお祝いの場なので明るい色を選ぶのもおすすめです。
年齢が10代や20代前半と言う場合には明るいオレンジや黄緑、ドレス丈も膝丈くらいにするとかわいらしさを演出できます。
20代や30代前半の場合はパステルブルーやピンク、ラベンダーなどでシフォンなどの透け感があるものを選ぶとエレガントな印象で女性らしさを演出することができます。
30代後半以上の場合には深みのあるオレンジや紺などでシンプルなデザインのものにすると落ち着いた大人っぽい印象の着こなしをすることができます。

Copyright(c) 2015 Elegant Party. All Rights Reserved.