正しいパーティードレスの着こなしを知ろう

 

パーティードレスのサイズは気持ちゆとりを持たせて

パーティードレスのサイズは気持ちゆとりを持たせて 結婚式やお呼ばれで着るパーティドレス。
普段の服とは全く違うデザインやシルエットで、着慣れない方も多いのではないでしょうか。
パーティードレスはあまり動くことを想定されていないので、シルエットはウエスト部分がぴったりとしていたり、胸元があいていたりと、いつも通りのサイズ感で選んでしまうと失敗してしまうこともあります。
試着は必須ですが、その際にポイントとしてみる部分は、ウエスト回り。
パーティとなると美味しい食事を頂くかもしれません。
ゴムの入っていないようなドレスで、試着時にぴったりしすぎていると、苦しくなってしまう可能性があります。
あとは肩まわり。
大きく腕を動かすことは少ないかもしれませんが、パーティードレスだからといって肩のサイズ感があっていない・ピッタリすぎだと窮屈ですし、ぱっと腕を伸ばした際にピリっと破れてしまう、なんてことは絶対に避けたいですよね。
パーティードレスはシルエットがとても素敵です。
ですが、そのシルエットを優先するあまり、サイズ感を間違えたドレスを選ばないようにご注意ください。

 

着心地の良いパーティードレスを選ぶには

パーティードレスは時間や場所などが限定されたイベントで着用する衣服であるため、デザインを重視して縫製されている一方、着心地に関してはあまり考慮されていません。
思ったほど生地が薄手で気温の差を強く感じるかもしれませんが、多くの場合は空調などがしっかり効いている施設内で過ごすため問題はありません。
しかしそれでも、パーティードレスには着心地を求めたいと考える方も多いかもしれません。
それを優先するのであれば、まずは縫製がしっかりしたドレスを選ぶようにします。
縫製が良くない製品は、着用時に生地がまとわりついたり縫い目が肌に不快な印象を与えることもあります。
細部にまでこだわって作られたドレスなら着用時にストレスを感じることがなく、快適に楽しい時間を過ごすことができます。
縫製が良いかどうかを見極めるのは難しいのですが、価格が安すぎるものは避けるようにすると失敗を防げます。
安い製品は縫製技術の低い地域で作られているものが多いためです。
日本製のものを選ぶようにすれば安心です。

Valuable information

フェイスリフトを熊本で検討

2018/9/21 更新

Copyright(c) 2015 Elegant Party. All Rights Reserved.